研究者検索

井代 学(Manabu Ishiro)

名前
井代 学(Ishiro,Manabu)
所属
小児科学
役職
助教
3Sentencesでの研究紹介

小児肥満、メタボリックシンドロームについて体脂肪率と血液検査異常、動脈硬化の関係を研究している。また小児の様々な疾患から続発する骨粗しょう症について実際に骨塩量を測定しその病態と治療法などを検討している。

研究上の技術

小児骨塩定量検査、小児体脂肪率測定

研究キーワード

小児、内分泌、肥満、骨塩量、骨粗しょう症

代表的論文(5編以内)
1) Minami Y, Takaya R, Takitani K, Ishiro M, Okasora K, Niegawa T, Tamai H.
Association of thyroid hormones with obesity and metabolic syndrome in Japanese children.J Clin Biochem Nutr. 57, 121-8, 2015 
2) Ishiro M, Takaya R, Mori Y, Takitani K, Kono Y, Okasora K, Kasahara T, Tamai H.
Association of uric acid with obesity and endothelial dysfunction in children and early adolescents.Ann Nutr Metab. 62, 169-76, 2013
3) 高谷竜三、笠原俊彦、井代学、岡空圭輔、成山紀子、川崎康寛、玉井浩、徳田正邦、小國龍也.小児期メタボリックシンドローム診断基準における腹囲、腹囲身長比の意義と解釈.肥満研究.14、31-35、2008
4) 青松友槻、井代学、杉本美重、宮崎敬士、余田篤、高谷竜三、玉井浩.
小児期炎症性腸疾患の成長障害と骨密度の検討.日小栄消肝誌 21、57-57、2007
5) 高谷竜三、井代学、岡空圭輔、間敦子、成山紀子、難波直樹、川崎康寛、植村隆、玉井浩.小児における簡易型皮脂厚測定器(アディポメーター)の妥当性と有用性の検討. 栄養-評価と治療. 19、519-522、2002
公的研究費獲得状況
-
特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

教室HP http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ped/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.