研究者検索

玉井 浩 (Hiroshi Tamai)

名前
玉井 浩 (Tamai,Hiroshi)
所属
小児科学
役職
教授
3Sentencesでの研究紹介

研究内容はダウン症の臨床像の解明である。注目した臨床像は1)幼児期に熱性けいれんがDSには少ないこと、2)青年期の急激退行の経過である。いずれも21番染色体上にある遺伝子の過剰発現が病態に関与すると考えられる。Cu-Zn SODもその一つであり、過剰発現により酸化ストレスが発生する。これに対しビタミンEの抗酸化効果を検討している。

研究上の技術

疫学調査、分子生物学全般

研究キーワード

ダウン症、神経学、過剰発現遺伝子、ビタミンE、酸化ストレス

代表的論文(5編以内)

1) Shimakawa S,  Tanabe T,  Ono M,  Nonaka M,  Nambu M,  Shinohara T,  Nishikubo T, Fukui M,  Nomura S,  Azumagawa K,  Tamai H.   Incidence of febrile seizure in patients with Down syndrome.  Pediatr Int. 2015 Aug;57(4):670-2.

2) Shichiri M,  Yoshida Y,  Ishida N,  Hagihara Y,  Iwahashi H,  Tamai H,  Niki E.,  α-Tocopherol suppresses lipid peroxidation and behavioral and cognitive impairments  in the Ts65Dn mouse model of Down syndrome.  Free Radic Biol Med. 2011 Jun 15;50(12):1801-11.

3) Yoshikawa S,  Morinobu T,  Hamamura K,  Hirahara F,  Iwamoto T,  Tamai H.  The effect of gamma-tocopherol administration on alpha-tocopherol levels and metabolism in humans.,  Eur J Clin Nutr. 2005 Aug;59(8):900-5.

4)Okamoto N,  Murata T,  Tamai H,  Tanaka H,  Nagai H.  Effects of alpha tocopherol and probucol supplements on allergen-induced airway  inflammation and hyperresponsiveness in a mouse model of allergic asthma.   Int Arch Allergy Immunol. 2006;141(2):172-80

 

公的研究費獲得状況

1)科研 基盤C(平成27−29年):代表者。小児脂肪性肝疾患の抗酸化療法における新規酸化ストレス評価法の検討

2)科研 基盤C(平成23−25年):代表者。小児期非アルコール性脂肪肝炎における酸化ストレス評価法の検討

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

教室HP http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ped/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.