研究者検索

上田晃一(Ueda Koichi)

名前
上田晃一
所属
形成外科学教室
役職
教授
3Sentencesでの研究紹介

大阪医科大学を卒業し、大阪医科大学形成外科学教室(田嶋定夫教授)に入局、外科、救急医療、マイクロサージャリーを研修したのちに、Oxford大学に留学。

マイクロサージャリー、頭蓋顎顔面外科、唇顎口蓋裂、ケロイド・肥厚性瘢痕、アンチエイジングを専門としている。
研究上の技術
-
研究キーワード
接着分子阻害剤を用いた再潅流障害の抑制、 同種皮弁移植の拒絶反応抑制、ケロイドのエネルギー代謝など。
代表的論文(5編以内)

 1.Inadequate blood supply persists in keloids.

 Ueda K, Yasuda Y, Furuya E, Oba S.

 Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2004;38(5):267-71.

 2.Sulfatide and monoclonal antibodies prevent reperfusion injury in skin flaps.

  Ueda K, Nozawa M, Nakao M, Miyasaka M, Byun SI, Tajima S.

 J Surg Res. 2000 Feb;88(2):125-9.

 3.Keloids have continuous high metabolic activity.

  Ueda K, Furuya E, Yasuda Y, Oba S, Tajima S.

 Plast Reconstr Surg. 1999 Sep;104(3):694-8.

 4.Sulfatide protects rat skin flaps against ischemia-reperfusion injury.

 Ueda K, Nozawa M, Miyasaka M, Akamatsu J, Tajima S.

 J Surg Res. 1998 Dec;80(2):200-4.

公的研究費獲得状況

 骨芽細胞分化を可逆的に制御する生体材料の頭蓋縫合早期癒合症治療への応用(分担)

 挑戦的萌芽研究16K15746

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

教室HP:https://www.osaka-med.ac.jp/deps/pla/

個人HP:http://anti-agings.jp/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.