研究者検索

田代 圭太郎(Tashiro,Keitaro)

名前
田代 圭太郎(Tashiro,Keitaro)
田代先生
所属
一般・消化器外科
役職
助教
3Sentencesでの研究紹介

大阪医科大学医学部を卒業後、大阪医科大学大学院で薬理学教室に所属し肝硬変やNASHとキマーゼの研究で医学博士学位を所得した。その後、米国Yale大学医学部に留学し肝硬変の研究を続行した。現在、NASHの研究を続行しつつヒストンタンパクと癌の研究も並行しておこなっている。また、関西大学と連携し臨床で使用する内視鏡器具の開発もおこなっている。

研究上の技術

免疫染色、フォローサイトメトリー、ウェスタンブロット、PCR、細胞培養、siRNAを用いた遺伝子ノックダウン、免疫沈降、MTTアッセイ

研究キーワード

NASH、肝硬変、キマーゼ、ヒストンタンパク、γH2AX、直腸癌、胃癌、食道癌、Nogo-B

代表的論文(5編以内)

1.      Tashiro K, Gao L, Utsumi T, Liu B, Zhang D, Swenson ES, Iwakiri Y. Reticulon 4B (Nogo-B) facilitates hepatocyte proliferation and liver regeneration in mice. Hepatology. 2013 May;57(5):1992-2003.

2.      Tashiro K, Satoh A, Utsumi T, Chung C, Iwakiri Y. Absence of Nogo-B (reticulon 4B) facilitates hepatic stellate cell apoptosis and diminishes hepatic fibrosis in mice. Am J Pathol. 2013 Mar;182(3):786-95.

3.      Jozsef L, Tashiro K, Kuo A, Park EJ, Skoura A, Albinsson S, Rivera-Molina F, Harrison KD, Iwakiri Y, Toomre D, Sessa WC. Reticulon 4 is necessary for endoplasmic reticulum tubulation, STIM1-orai1 coupling, and store-operated calcium entry. J Biol Chem. 2014 Mar 28; 289(13): 9380-95

4.      Tashiro K, Takai S, Jin D, Yamamoto H, Komeda K, Hayashi M, Tanaka K, Tanigawa N, Miyazaki M. Chymase inhibitor prevents the nonalcoholic steatohepatitis in hamsters fed a methionine- and choline-deficient diet. Hepatology Research. 2010 Volume40, Issue5, Pages514-523

公的研究費獲得状況

若手研究(B) 2014-2016 キマーゼの非アルコール性脂肪肝炎における作用メカニズムの解析

平成27年度 内視鏡医学研究振興財団 助成金

平成28年度 大阪医科大学 医工薬連携プロジェクト 助成金

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

教室HP http://www.osaka-med.ac.jp/deps/sur/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.