研究者検索

朝日 通雄 (Michio Asahi)

名前
朝日 通雄 (Michio Asahi)
所属
薬理学
役職
教授
3Sentencesでの研究紹介

-ホスホランバン、サルコリピンなどによるカルシウムシグナル制御機構の解析を通して、心不全のメカニズムの解明を目指している。また、糖鎖修飾などの翻訳後修飾による心機能の制御、癌の発生、増殖、転移への影響を検討している。さらに、最近ではiPS細胞を用いた創薬スクリーニングによる難治性疾患治療薬の開発を行っている。

研究上の技術

-ウェスタンブロット、免疫沈降、定量的遺伝子発現(RT-PCR)、遺伝子導入、細胞内カルシウム測定、心筋単離培養、細胞蛍光染色、細胞内シグナル伝達、細胞増殖・細胞障害アッセイ、酸化ストレス定量、ユビキチン化・オートファジー定量

研究キーワード

-カルシウム制御タンパク質、糖鎖修飾、酸化ストレス、オートファジー、ユビキチン化、iPS細胞

代表的論文(5編以内)

Nakagawa, T., Yokoe, S., Asahi, M. (2016) Phospholamban Degradation Is Induced by Phosphorylation-mediated Ubiquitination and Inhibited by Interaction with Cardiac Type Sarco(endo)plasmic Reticulum Ca2+-ATPase., Biochem Biophys Res Commun. 472:523-530.

Yokoe, S., Asahi, M., Takeda, T., Otsu, K., Taniguchi, N., Miyoshi, E., Suzuki, K., Inhibition of phospholamban phosphorylation by O-GlcNAcylation: implications for diabetic cardiomyopathy, Glycobiology, 20, 1217-1226, 2010.

Nakai, A., Yamaguchi, O., Takeda, T., Higuchi, Y., Hikoso, S., Taniike, M., Omiya, S., Mizote, I., Matsumura, Y., Asahi, M., Nishida, K., Hori, M., Mizushima, N., Otsu, K., The role of autophagy in cardiomyocytes in the basal state and in response to hemodynamic stress, Nat Med, 13, 619-624, 2007. 

Asahi, M., Otsu, K., Nakayama, H., Hikoso, S., Takeda, T., Gramolini, A. O., Trivieri, M. G., Oudit, G. Y., Morita, T., Kusakari, Y., Hirano, S., Hongo, K., Hirotani, S., Yamaguchi, O., Peterson, A., Backx, P. H., Kurihara, S., Hori, M., MacLennan, D. H., Cardiac-specific overexpression of sarcolipin inhibits sarco(endo)plasmic reticulum Ca2+ ATPase (SERCA2a) activity and impairs cardiac function in mice, Proc Natl Acad Sci U S A, 101, 9199-9204, 2004. 

Schmitt, J. P.*, Kamisago, M.*, Asahi, M.*, Li, G. H., Ahmad, F., Mende, U., Kranias, E. G., MacLennan, D. H., Seidman, J. G., Seidman, C. E., Dilated cardiomyopathy and heart failure caused by a mutation in phospholamban, Science, 299, 1410-1413, 2003.  (* Equally contributed.)

公的研究費獲得状況

-科学研究費補助金 基盤研究(C)平成2年度~2年度研究代表者)心筋カルシウム制御タンパク質及びイオンチャネルの機能における糖鎖修飾の役割」 

科学研究費補助金 基盤研究(C)平成22年度~24年度研究代表者)心筋カルシウム制御タンパク質及びイオンチャネルにおける糖鎖機能の解明」 

科学研究費補助金 基盤研究(C)平成19年度~20年度研究代表者) O結合型Nアセチルグルコサミン(O型糖鎖)による心筋小胞体タンパク質の制御機構」 

科学研究費補助金 基盤研究(C)平成17年度~18年度 (研究代表者)「筋小胞体カルシウムポンプ制御因子の作用機構の解析」  

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
-
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.