研究者検索

山下愛美 (Manami Yamashita) 

名前
山下愛美
所属
生理学教室
役職
助教
3Sentencesでの研究紹介

電気生理学的手法によるシナプス機能の解析を中心に研究している。小脳シナプスにおける短期・長期可塑性、シナプス前終末における抑制性神経伝達物質充填機構の解析に従事。現在は重症筋無力症の新規治療法提供を目指してアセチルコリン受容体に着目した研究をおこなっている。

研究上の技術

電気生理(パッチクランプ法・膜電位固定法)

研究キーワード

シナプス アセチルコリン受容体 重症筋無力症

代表的論文(5編以内)

Tomonori Takeuchi, Gen Ohtsuki, Takashi Yoshida, Masahiro Fukaya, TasukuWainai, Manami Yamashita,Yoshito Yamazaki, Hisashi Mori, Kenji Sakimura, Susumu Kawamoto, Masahiko Watanabe, Tomoo Hirano, Masayoshi Mishina (2008) Enhancement of both long-term depression induction and optokinetic response adaptation in mice lacking delphilin.PLoS One, 3(5): e2297

KyoungheeRyu, Marie Yokoyama, Manami Yamashita, Tomoo Hirano (2012) Induction of excitatory and inhibitory presynaptic differentiation by GluD1.BiochemBiophys Res Commun, 417(1), 157-61

Manami Yamashita, Shinya Kawaguchi, Tomoo Hirano (2013) Contribution of postsynaptic GluD2 to presynaptic R-type Ca2+ channel function, glutamate release and long-term potentiation at parallel fiber to Purkinje cell synapses. Cerebellum, 12(5), 657-66

公的研究費獲得状況
-
特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

研究室HP https://www.osaka-med.ac.jp/deps/ph2/index.html

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.