研究者検索

小野富三人(Fumihito Ono)

名前
小野富三人
所属
生理学教室
役職
教授
3Sentencesでの研究紹介

東京大学医学部医学科を卒業し、脳研究施設で学位取得後、学振特別研究員、ストーニーブルック大学研究員をへて、米国フロリダ大学とNIHで研究室を運営した。モデル生物であるゼブラフィッシュをもちい、遺伝学、分子生物学と電気生理学を組み合わせることで、シナプスやイオンチャンネル、神経伝達物質受容体の研究を行っている。また他教室と共同で、腸管蠕動やガン細胞の解析なども行なっている。

研究上の技術

ゼブラフィッシュ、電気生理学(パッチクランプ、膜電位固定法)、共焦点顕微鏡、遺伝子導入、ゲノム編集、免疫組織化学、分子生物学一般

研究キーワード

神経、イオンチャンネル、アセチルコリン、受容体

代表的論文(5編以内)

Mott, M., Luna, V., Park, J., Downes, G., Epley, K., Ono, F. (2017) Expressing acetylcholine receptors after innervation suppresses spontaneous vesicle release and causes muscle fatigue.Scientific Reports 7: 1674.

西野敦雄、小野富三人 (2017)神経筋シナプスのメカニズムとその進化:ホヤから魚,そしてヒトへ 比較生理生化学34:12-21.

Park, J., Mott, M., Williams, T., Ikeda, H., Wen, H., Linhoff, M., Ono, F. (2014) A single mutation in the acetylcholine receptor delta-subunit causes distinct effects in two types of neuromuscular synapses. Journal of Neuroscience 34: 10211-10218.

Walogorsky, M., Wen, H., Mongeon, R., Urban, J., Ono, F., Mandel, G., Brehm, P. (2012) A zebrafish model for congenital myasthenic syndrome reveals mechanisms causal to developmental recovery. Proceedings of the National Academy of Sciences 109: 17711-17716.

Ono, F. (2008) An emerging picture of synapse formation: A balance of two opposing pathways. Science Signaling 1, pe3.

公的研究費獲得状況
2018-2021文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)
特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.