研究者検索

古池 晶 (Shou FURUIKE)

名前
古池 晶
所属
物理学教室
役職
講師
3Sentencesでの研究紹介

ATP合成酵素(大きさ~20 nm: 5万分の1 mm )は、ヒトの場合、全部合わせても数十g位だが、1日でほぼ体重分ぐらいのATPを産出する。その役割を果たすため、2つの回転モーターがひとつの回転軸を共有するというユニークな仕組み(構造)になっている。本来、光を用いて観ることは不可能なサイズだが、工夫を凝らした目印を付けたり、光学系を改善して酵素1分子の働きを観ることで(1分子観察)、2つのモーターの間をどのようにして駆動力が伝達されているのかを調べている。

研究上の技術

光学顕微鏡(温度制御可能) 高速イメージング(サブミリ秒) 超微小粒子やガラス表面への特異的修飾

研究キーワード

回転分子モーター ATP合成酵素 1分子観察・操作 熱力学 生物物理

代表的論文(5編以内)

"Direct observation of DNA overwinding by reverse gyrase."
Ogawa T, Yogo K, Furuike S, Sutoh K, Kikuchi A, Kinosita K Jr.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Jun 16;112(24):7495-500.

"Molecular basis of ADP inhibition of vacuolar (V)-type ATPase/synthase."
Kishikawa J, Nakanishi A, Furuike S, Tamakoshi M, Yokoyama K.
J Biol Chem. 2014 Jan 3;289(1):403-12.

"Resolving stepping rotation in Thermus thermophilus H(+)-ATPase/synthase with an essentially drag-free probe."
Furuike S, Nakano M, Adachi K, Noji H, Kinosita K Jr, Yokoyama K.
Nat Commun. 2011;2:233

"Temperature dependence of the rotation and hydrolysis activities of F1-ATPase."
Furuike S, Adachi K, Sakaki N, Shimo-Kon R, Itoh H, Muneyuki E, Yoshida M, Kinosita K Jr.
Biophys J. 2008 Jul;95(2):761-70.

"Axle-less F1-ATPase rotates in the correct direction."
Furuike S, Hossain MD, Maki Y, Adachi K, Suzuki T, Kohori A, Itoh H, Yoshida M, Kinosita K Jr.
Science. 2008 Feb 15;319(5865):955-8.

公的研究費獲得状況

2014-16 科研費(基盤C) ATP合成酵素VoV1内の2つの回転分子モーターの連動-駆動力伝達の仕組み-  
2011-13 科研費(基盤C) 回転分子モーターF1(/V1)-ATPaseの回転子を人工的に作る
2011-12 科研費(新領域(領域提案型)) ATP駆動の回転分子モーターを用いたATP加水分解の1分子熱力学
2009-10 科研費(若手B) F1-ATPaseの回転に必要不可欠な回転子領域の決定
2006-7   科研費(若手B) 回転分子モーターF1-ATPaseの回転機構解明に向けた1分子熱力学

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

http://researchmap.jp/read0102300/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.