研究者検索

原田明子(Akiko Harada)

名前
原田明子
所属
生物学教室
役職
講師
3Sentencesでの研究紹介

植物の環境応答反応、特に光応答反応について、モデル生物である陸生双子葉植物シロイヌナズナ、淡水産単子葉植物オオセキショウモを用いて研究を行っている。光による細胞内カルシウムシグナル発生や細胞膜H+-ATPaseの活性制御に対するオルガネラの役割に着目している。

研究上の技術

光生物学、突然変異体を用いた分子遺伝学、シロイヌナズナの形質転換、発光タンパク質(イクオリン)発光測定、生化学的手法(免疫ブロット解析など)

研究キーワード

カルシウムシグナリング、細胞膜H+-ATPase、光生物学、植物細胞、葉緑体

代表的論文(5編以内)

Akiko Harada*, Atsushi Takemiya, Shin-ichiro Inoue, Tatsuya Sakai, Ken-ichiro Shimazaki* (2013) “Role of RPT2 in leaf positioning and flattening and a possible inhibition of phot2 signaling by phot1.” Plant and Cell Physiology 54: 36-47 * corresponding authors 

Akiko Harada* and Ken-ichiro Shimazaki  (2009) “Measurement of changes in cytosolic Ca2+ in Arabidopsis guard cells and mesophyll cells in response to blue light” Plant and Cell Physiology 50: 360-373 *corresponding author

Akiko Harada* and Ken-ichiro Shimazaki (2007) “Phototropins and blue light-dependent calcium signaling in higher plants” Photochemistry and Photobiology 83: 102-111
 *corresponding author

Susumu Mochizuki*, Akiko Harada* (*equally contributed), Sayaka Inada, Keiko Sugimoto-Shirasu, Nicola Stacey, Takuji Wada, Sumie Ishiguro, Kiyotaka Okada and Tatsuya Sakai (2005) “The Arabidopsis WAVY GROWTH 2 protein modulates root bending in response to environmental stimuli” The Plant Cell 17:  537-547

Akiko Harada, Tatsuya Sakai, and Kiyotaka Okada (2003) “phot1 and phot2 mediate blue light-induced transient increase in cytosolic Ca2+differently in Arabidopsis leaves”  Proc. Natl. Acad. Sci., USA, 100 (14) 8583-8588

公的研究費獲得状況

2004-2006 科研費(特別研究員奨励費) 気孔孔辺細胞の青色光情報伝達系におけるカルシウムシグナリングの研究

2009-2011 科研費(若手B)カルシウム測定系を利用した葉緑体からの新規細胞内情報伝達経路の解明 
特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

http://researchmap.jp/read0054888/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.